パソコンを処分する前にPCリサイクル法が適用されているかどうかと購入年月日の確認をしましょう

PCの処分を依頼する前に、先ずはPCリサイクル法が適用されているパソコンかどうかを確認してください。パソコンのどこかに製品番号などが書かれたシールがあるので、そこに「PCリサイクル」と書かれたロゴマークがあるかどうかを確認しましょう。

PCリサイクル法のロゴマークがあれば適用となります。PCリサイクル法が適用されていれば、販売したメーカーがパソコンを無料で回収してくれる可能性があります。PCリサイクル法が適用されていなければ有償での処分となります。また、パソコンをいつ購入したのかを確認してください。

購入から5年以内のパソコンであれば中古として買い取ってくれる可能性があります。これらを確認してから、パソコンのメーカーへ連絡をして廃棄を依頼してください。

パソコンを処分する前にPCリサイクル法が適用されているかどうかと購入年月日の確認をしましょう

<データ消去もお忘れなく>
尚、パソコンメーカーへ引き渡す前にUSBなどを使ってデータの移行を済ませておきましょう。データの移行が完了したら、処分するパソコンのデータを消去しましょう。リサイクルをする場合でもデータ消去は自己責任となります。自分自身のみならず友人・知人のデータもあるので、個人情報が漏れないようきちんと消去してください。

基点★パソコン廃棄 http://www.pczero-web.com/

データ消去にはリカバリCDを利用しても良いですし、市販の完全消去ソフトを利用しても構いません。家電量販店によってはハードディスクを専用の機械で破壊してくれるところもありますので、是非利用してみてください。とにかく、パソコン処分に関しては、業者に全てを任せて調べないままに処分してしまわないよう気をつけてください。

必ず、どこまでセキュリティーに配慮してくれるのかを確認してから処分依頼をしましょう。また、要らないパソコンでも価値がある場合もあるので、無料で買い取り相談を受けてくれる業者を探して聞いてみるのも良いです。PC処分の前には、PCリサイクル法が適用されているかどうか、購入してから何年経過しているかどうかを必ずチェックしましょう。